バイアグラはどの用量を使うべき?

バイアグラは日本でも厚生労働省が認可しているので、泌尿器科や専門のクリニックでの処方が可能です。販売されている規格は25mgと50mgで、海外では100mgがメインで流通しています。医薬品は人によって効果に違いが起こり、個人差によるため容量も考えなくてはいけません。一般の成人男性であれば、50mgで十分な効果が発揮できると言われているため、初めて使用する場合は25mgから開始するのが一般的です。ただし、肝機能障害や心筋梗塞、脳梗塞などの経験がある人、またはすでに症状がある人は使用する際には細心の注意を払って服用する必要があります。病院で処方されるのならば、医師が判断して服用量を説明してくれるのですが、個人輸入を使った購入をした人は医師に相談してみるか、最小の容量から開始すると良いでしょう。25mgでも効果が強いと感じたらピルカッターなどで半分に割って飲むこともできますし、効果がないと感じたら、次回から50mgを飲むと良いでしょう。ただし、50mg以上の服用は保証されていないので、海外から100mgのバイアグラを購入した場合は、必ず半分以下に分割して飲むようにします。また、バイアグラの価格は25mgと50mgでは大きな差がないので、あえて大きい容量を購入してピルカッターで半分に割って飲む人もいるようです。例えば25mgが1,500円、50mgが2,000円で購入できるのならば、50mgを半分にすれば1回の使用は1,000円で済むことになります。ED治療は健康保険がきかずに自己負担となるので、1回の使用に高いお金を払うことになります。そのため、費用の負担を考えると、高濃度の飲み薬を購入するのは正しい判断とも言えます。

バイアグラ使用における注意

バイアグラを服用する際に注意するべきこととしてまず挙げなくてはならないのが「併用禁忌」の存在です。併用禁忌とは医薬品において同時に使用してはならないもののことを指す言葉であり、バイアグラでは硝酸剤などが併用禁忌として指定されています。硝酸剤といっても今一つわからない場合にはニトログリセリンのように狭心症発作をはじめとする心臓病に対して処方される薬をイメージしてください。血圧降下作用のある薬とバイアグラを併用してしまうと血圧が想定されていない水準まで低下してしまい、それによって命を失うリスクもあります。特にバイアグラが認可を受ける前の日本ではニトログリセリンとバイアグラの併用によって男性が命を失うと言う事故もありましたから、この点は必ず確認するようにしてください。ついで注意点としてチェックしておきたいのが「空腹時服用が原則である」ことです。薬は基本的に空腹時の方が効率的に身体に吸収されていくことになるのですが、バイアグラは空腹時の服用を想定して製造されている薬です。食後などに服用すると薬の効果が出てくるまで時間がかかってしまったり効果そのものが薄れてしまうこともありますので、空腹時に服用するようにしましょう。ちなみに薬ではよくアルコールとの併用が禁止されることがあるのですが、バイアグラに関してはアルコールとの併用は問題ありません。ただし完全に酔っぱらってしまうほどのアルコールを飲んだ場合には逆効果となってしまいますので、あくまでも「性行為に際してリラックスできる程度のアルコールであれば問題ない」として理解するようにしてください。
バイアグラは現在医療機関で処方されていますから、処方を受ける際にはしっかりと医師や薬剤師の説明を聞き、無用なトラブルを起こさないように心がけましょう。

バイアグラの偽者の見分け方

バイアグラはED治療薬として全世界で愛用されている薬であるため偽薬のリスクが大きい薬となってしまっています。もちろん医療機関で処方してもらったものであれば心配はありませんが、個人輸入などの手段で購入した場合にはその薬が偽物で無いかどうかを考えてから服用しなくてはなりません。ではバイアグラの偽物を見分けるにはどういった点に注意すればよいのかについてですが、最も簡単なのは外箱をチェックすることです。バイアグラが箱に入って届いた場合ですと箱に点字の刻印がされており、さらにホログラムステッカーの貼付と箱止めシールにメーカー名の刻印がされています。このうち重要なのがホログラムステッカーで、これはかなり偽造が難しいため偽薬で貼付しているケースがほとんどありません。従って箱で届いた場合にはまず外箱を観察すれば偽物を見分けるのは容易です。箱が無い場合には公式ホームページで公開されているボトルと錠剤の外観と見比べることで確認をすることになりますが、これとは別の方法として「薬を水に溶かす」という方法で確認ができる場合があります。本物のバイアグラは水に入れて2分ほどで外側が崩れ始め、10分後には有効成分が水に溶けだし、45分後には完全に溶解するようになっています。ですが粗悪な偽薬の場合は10分経過しても崩れる様子が無く、中には1時間以上放置してもほとんど水に溶けないようなものがあります。こうした様子があれば明らかに異常だと判断できますから、もし水に入れて1時間以上全く変化しないのであれば服用はしないようにしましょう。
ただこの溶解による検証は正規のバイアグラと違うように見えてもそれが水温による違いだったり薬の製造工程の微妙な差によって生まれた違いだったりと判断が難しい部分がありますので、バイアグラを買うのであれば医療機関か、信用できる業者を利用した輸入に限るとして考えるべきです。

■バイアグラは男性用だけではなく女性用もあります
ラブグラで不感症の悩み解決!
■媚薬ならバイアグラとも併用が可能です
媚薬 通販
■バイアグラジェネリックとして不動の人気
カマグラ