バイアグラは空腹時の処方で若返り効果がでる

バイアグラとは、ED(勃起不全)治療に効果がある医薬品です。全世界でその効果が認められ有名ですが、正しい服用をしないと効果がでません。若返りの効果を出すには、食前などの空腹時に服用することが重要です。他の医薬品同様に、食後に服用するケースが多いのですが、これは誤りで効果が期待でません。完全な空腹時にバイアグラを飲み、30分~1時間バイアグラの成分が体に吸収されるのを待ち、それから食事をしなければなりません。
バイアグラは腸から成分が吸収され、血液中に吸収されることで効果を発揮します。人の体は食後は胃や腸壁に油膜がべっとりと張ります。食後の服用ではED薬の有効成分がこの膜に遮られ、血液中に吸収されずそのまま便として排泄されてしまいます。そのため効果がでません。
どうしても食後でないとタイミングが合わないのなら、食事の内容と量に注意が必要です。そばやうどん、お寿司などの油分の少ない食事にし、腹6~7分目に抑えます。そうすると、2時間ぐらいで食べた物が消化されるので、その後服用すれば効果が得られやすくなります。
また、空腹時に服用しているつもりでも腸壁に油が残っている場合は、同様に効果がでません。フランス料理や中華料理、焼肉やステーキなどの油分を多く含む食事をした場合、食後6~7時間はこの油の膜が取れません。食後2時間空けると空腹になるとよく言われますが、脂肪の多い食事をした後ではお腹の中に油が残っています。そのためED薬が吸収されず効果がでません。
また、お酒の飲み過ぎも良くありません。バイアグラは血流をよくするので、お酒を飲むと回りやすくなり酔いやすくなります。飲み過ぎも効果がでなくなります。